特養 看護師 給料

特養の看護師の給料は!?各介護施設との比較

特養 看護師 給料

 

私は元転職アドバイザーとして、
ここ十数年に渡って看護師の転職をサポートしてきました。

 

 

看護師という職種は女性が9割以上ということもあって、
結婚、出産のタイミングで職場環境や勤務形態の変更を余儀なくされる

 

 

あるいは、ブランクからの復帰というのも多いのが特徴です。
とくに近年では高齢社会の追い風で介護施設が次々と開設され、

 

 

施設看護師の需要が増える中、勤務形態重視の方が
介護施設への転職傾向が増えてまいりました。

 

 

ただし、施設看護師未経験の方にとっては、
なんとなく介護施設のことは知っていても給料は良いのかわからない、

 

 

そもそも介護施設はどんなものがあるのだろうか?
という悩みや疑問をもたれる方は私がサポートをしていた中でも実に多かったです。

 

 

介護施設は、大きく分類すると3つの施設形態に分けられます。

 

 

まず、あなたが今興味をお持ちであるであろう特養と呼ばれるものですが、
正式名称は特別養護老人ホームという都道府県が運営する介護福祉施設です。

 

 

同じ都道府県の運営であるもう1つの施設形態としては老健と呼ばれる介護老人保健施設です。
特養との決定的な違いは医師が常駐し、24時間看護が義務つけられている施設です。

 

 

意外と特養とこの老健を混同してしまう方も多いのですが、
基本的に夜勤があるか、ないかという所を判断基準にしてもらうとよいでしょう。

 

 

 

そして、特養と同じ日勤のみの施設形態として
民間企業が運営母体となる有料老人ホームがあります。

 

 

こうした介護施設の平均年収を割り出すと330万円〜360万円
日勤常勤のみの施設形態である特養もの平均年収も大体このあたりで推移しています。

 

 

特養の施設形態で求められる看護は基本的に入所者の健康管理が中心、
介助などはメインは介護士の仕事になるため、残業もなく手当てもそれほどつかないというデメリットもあります。

 


できるだけ高給料の特養を探していくために

特養 看護師 給料

 

このように看護師全体の日勤常勤の平均給料よりも
やや賃金相場としては低いと言わざる得ない特養という施設形態。

 

 

そうはいっても、私が知る限り、選択する施設によっては
年収400万を超える特養に転職した方もいらっしゃるのも事実。

 

 

施設規模によっては看護師に支払われる対価は当然変わってきます。
しかし、ハローワークや一般的に誰でも閲覧できる求人情報には、

 

 

周りの施設と歩調を合わせる傾向にあるため施設ごとの差が見えにくい
というのが、縦横の強い医療・介護業界の特徴でもあります。

 

 

そのため、あなたが高給料条件の特養を見つけていくには、
限られた人、もっと言えば看護師だけが閲覧できる転職環境が必要。

 

 

そもそも、そんな環境はあるのでしょうか?

 

 

たった1つだけあるんです!!!

 

 

それは、、、

 

 

看護師専門の求人紹介サービスです。

 


看護師求人紹介サービスという限定された環境がもたらすメリット

 

看護師専門の求人紹介サービス(以下看護師求人紹介サービス)とは、
正看護師・准看護師・保健師・助産師だけが登録&利用できるサービスです。

 

 

この限定された環境には看護師求人紹介サービスといわれるものに共通した以下3つのメリットがあります。

 

 

 

完全無料で登録から採用されるまで利用期限なく使うことができる

 

看護師求人だけを扱う専用のインターネット求人サイトがある

 

専任であなただけの転職プランをサポートしてくれるアドバイザー

 

 

 

この中でも最も高給料条件の特養を探していくために重要なのは、

 

「専任のアドバイザー」の存在です。

 

 

先ほど申し上げたように、介護・医療施設では、
なかなか求人情報では具体的な給料条件をオープンにしたがりません。

 

 

とくに転職希望者のみならず、患者様や入所者さまも目に触れる可能性のある
一般的な求人媒体には尚のことです。

 

 

そのため、看護師求人紹介サービスといった
利用者が転職する看護師限定という限られた環境内だけで詳しく公開する施設は少なくありません。

 

 

ただ、求人情報に直接反映させるのではなく、
自分の施設を希望する看護師の方だけにアドバイザーを介して詳細な情報を提供するのです。

 

 

とくに給料面は入ってからこんなはずではなかった!ということがおきやすい部分。
それを面接前、さらには施設選びの段階で予め詳しく知ることができるのはあなたにとって大きなメリットとなります。

 

 

こうしたメリットの高い看護師求人紹介サービスとはいえ、
民間企業が運営している以上、すべてがすべて良いというわけではありません。

 

 

なぜなら各社差別化を図るために、力を入れている部分が違いますから、
あなたはその中で、少なくとも特養を含む介護施設系に強いサービスを利用しなければなりません。

 

 

そこで、当サイトでは特養を含む介護施設系に強いサービスを
数ある中から私の経験を通じて入念に厳選した上で、以下の3つのサービスをご紹介します。

 

 

この3つのサービスはどれを利用しても間違いのない!というサイトだけを厳選して選びました。
まずは、下記3つすべてに登録し、この中から自分に合ったサービスを探すことからはじめていきましょう。

 

特養を含む介護施設系に強い看護師求人紹介サービス

 

 

ナース人材バンク

 

 

 

 

求人数約10万件、かつ非公開求人の量と質。
扱っている求人には絶対的自信と確かな実績を持つのがナース人材バンクです。

 

看護師求人業界の中でも求人先となる病院・施設からの信頼は厚く、
ナース人材バンクで探せない病院はない!と言わんばかりの魅力があります。

 

まずは自分で施設選びをしっかり行っていきたい、
そうした方にはまず利用して間違いのない看護師求人紹介サービスです。

 

 

ナース人材バンク<<登録無料>>

 

 

 

 

マイナビ看護師

 

 


 

 

アドバイザーのスキルと質の高さは数あるの中でも文句なくNo.1。
そして特に常勤職の転職に非常に力を入れているサービス。

 

アドバイザーの情報量もとにかく豊富なことから、
とりわけ介護施設系を希望する方にはまず外せない求人紹介サービスです、

 

 

マイナビ看護師<<登録無料>>

 

 

 

 

看護のお仕事

 

 

 

 

1対1の決め細やかなサポート力と言う点で
こちらも自信を持っておすすめできるの看護のお仕事

 

他の2社に比べると運営歴は4年浅いですが、
その分アドバイザーのフットワークの軽さと積極性が◎

 

いざ面接したい施設が見つかった時に
施設情報をとことん調べて提供してもらえる環境はしっかり整えることができます。

 

 

看護のお仕事<<登録無料>>